家具の中でも独特の存在感を放つチェア

椅子は日常生活で欠かせない家具のひとつです。食卓の椅子や休憩用の椅子だけでなく、オフィスで、デスクワークをする際にも、ただ体を預けられればいいという訳ではなく、いかに仕事がはかどるか、体が疲れにくいか、そんな条件の椅子が求められています。
ビジネスチェアは、最近では人間工学に基づいたデザインで設計され、腰や肩、背中への負担を軽減し、リクライニングが何段階にも調節できて、長時間座っていても疲れを感じさせないような工夫が随所に施されているものがとても人気があります。ビジネスマンの中には、あまりの座り心地の良さに、そのまま仮眠をとってしまうという優秀な椅子があるほどです。仕事を効率よく進め、成果を上げるためにも、椅子は重要な役割を果たすアイテムなのです。

シンプルモダンなデザインが人気

古くからの伝統があり、日本でも高い人気を誇る北欧家具でも、チェアはたくさんのデザイナーにより制作されてきました。
北欧デザインの特徴としては、全体的にシンプルですっきりしたものがとても多いです。その一脚だけで十分、インテリアとして通用するほどのインパクトがあります。
人気の理由としては、存在感はありながら、どんな部屋のインテリアにもなじんでしまうシンプルさでしょう。カラーも白やベージュなど目立たない色を選べば、和室、洋室どちらにおいても違和感はありません。座り心地についても十分、計算されているので疲れることはありませんが、やはり座面がそのままでは硬いのでお尻が痛くなることがあります。座面に合う薄め座布団やクッションを敷いて座ればだいぶ軽減できるでしょう。

ヨーロッパ貴族の家具はどこまでもゴージャス

シンプルな北欧スタイルとは正反対なのがヨーロッパのアンティーク系のゴージャスなチェアです。ソファとの区別がつかないほど、座面、背面に詰め物がされ、肘掛もしっかりした全体的にだいぶ豪華に見えます。昔のフランスの貴族が座っていそうな贅沢なものです。自分の部屋のインテリアに取り入れようと思ったら、部屋全体を同じ系統にしなければだいぶ浮いてしまいます。難易度は高いですが、ヨーロッパのアンティーク系ファニチャーが好きなら挑戦してみると良いでしょう。アンティークショップで状態の良い椅子やその他テーブルなど見つけることが出来ます。ベッドも通信販売で、素材がアイアンでベールをかけられるようなアイテムも販売されていますから、雰囲気だけでも十分、楽しむことが出来ます。